Ethical Codes

- 倫理規定 -

《安全管理指針》

理念

患者さまの人権を尊重、質の高い保健・医療・介護サービスを提供することにより、患者さまと、そのご家族に信頼され愛される医療機関を目指します。

安全管理指針

理念の実現をはかるため、患者さまの医療安全について全ての職員が実施するように、次のように指針をさだめます。

  1. 施設内でのインシデント、アクシデント事象等の収集、分析を通じてそれらを把握し、適切な報告システム等の確立により、更なる安全な管理体制の確立を目指します。
  2. 医療事故の最小化を目指し、防止に努めます。仮に医療事故が発生した場合マニュアル等により適切な対応をします。
  3. 院内感染予防対策委員会、褥瘡対策委員会、医療事故防止対策委員会、リスクマネージャーなどの設置とともに安全管理体制を確立し、それぞれの職責を果たします。
  4. 全職員を対象とする医療安全管理のための研修を計画的に実施します。

 

《臨床及び介護現場における倫理の方針》

当法人では、個人の尊厳が守られ、平等で最善の医療・介護保険サービスが受けられるよう、患者さま・利用者さまの尊厳及び人権に配慮して医療・介護を行います。

[1] 患者さま・利用者さまの人権を守ります。

  1. 知る権利に関する説明と同意を励行します。(説明義務)
  2. 個人情報の保護に努めます。(守秘義務)
  3. 良質な医療・介護保険サービスを提供するために、患者さま・利用者さまとの良好な信頼関係の構築に努めます。

[2] 患者さま・利用者さまの自己決定権を尊重します。

医療・介護保険事業従事者と患者さま・利用者さまの相互理解のもと、患者さま・利用者さまの意志(自己決定)を尊重して医療・介護保険サービスを行います。

[3] 以下のような事項については、当法人倫理委員会で審議を行い、治療方針等を決定します。

  1. 尊厳死、ターミナルケア、延命治療などの生命の尊厳に関すること。
  2. 患者さま・利用者さまの信条と医療・介護行為の妥当性に関すること。

[4] 当法人では、臨床倫理に関する研修等を関催し、医の倫理の理解と研鑽に努めます。
[5] 臨床及び介護現場に関する倫理の課題については、医師・看護師を含めた医療・介護スタッフが十分に検討し方針を決定しますが、困難な場合は当法人倫理委員会で検討、審議し、方針を決定します。

 

《身体抑制指針》

南昌病院の「患者さまの権利を守る宣言」に従い患者様の権利及び保護を優先します。

  1. 患者様の身体抑制「最小化」を目指し、その実現に努めます。
  2. 患者様の身体抑制につながる行為の理由・原因等を究明し、その対応を行い、身体抑制をしない工夫に努めます。
  3. 患者様の生命及び身体を保護するため、やむを得ず身体抑制をする場合には、ご本人又はご家族へ説明し同意を得ます。
  4. 患者様をやむを得ず身体抑制をした場合には、精神的・身体的苦痛を取り除く工夫に心がけ観察を強化します。

 

《帰厚堂における職業倫理の指針》

  1. 私たちは、常に人間の生命、人間としての尊厳および権利を尊重します。
  2. 私たちは、全ての人々に差別することなく公平・平等に適切な医療・介護を提供します。
  3. 私たちは、患者さま・利用者さまのプライバシーの権利を保護するために、個人に関する情報の秘密を厳守します。
  4. 私たちは、患者さま・利用者さまの知る権利および自己決定の権利を尊重し、その権利を擁護します。
  5. 私たちは、全職員が連携・協力・尊敬し合い、患者さま・利用者さま中心の医療・介護を目指します。
  6. 私たちは、優しい心で接するとともに医療内容・介護内容についてわかりやすく十分に説明し、患者さま・利用者さまのご家族との信頼関係を築く医療・介護を目指します。
  7. 私たちは、医療・介護従事者としての研修に励み、常に質の高い医療・介護を提供できるよう、医学の知識と医療・介護技術の習得に努め、この職業の尊厳と責任を自覚し、人格を高めるよう心掛けます。
  8. 私たちは、常に患者さま・利用者さまの安全に配慮し、医療事故防止等に努めます。
  9. 私たちは、医療廃棄物の適切な処理に基づき、環境破壊(汚染)防止に努めます。
  10. 私たちは、地域住民の健康を願うとともに、医療の公共性を重んじ、医療を通じて紫波郡地域を中心とした盛岡圏域の発展に尽くします。
文責:帰厚堂 理事長